ほっとひと息、井の頭散歩|⑧井の頭自然文化園は5月が開園記念日

月刊『ほっとメーッセジ 2016年5月号』 連載《ほっとひと息、井の頭散歩 EPISODE8》

5月が開園記念の井の頭自然文化園。
歴史の足跡を味わっていただきたい場所です。

5月が開園記念の井の頭自然文化園。
歴史の足跡を味わっていただきたい場所です。

井の頭自然文化園が開園したのは1942(昭和17)年。前年の12月、日本がアメリカに宣戦布告したというタイミングでした。
計画では動物園らしい花形の猛獣の展示をはじめ植物園や郷土博物館もある「大野外博物館」の構想でしたが、そんな時代背景から大幅に縮小変更されました。ゾウ、ライオン、トラは不在で、「毛皮動物」としてヒツジ、キツネ、ウサギ、タヌキ、「食用動物」としてブタ、ニワトリ、「乳用動物」としてウシ、ヤギetc.……といった実質的側面に重きが置かれた切り口で動物が展示されていたそうです。

名称として、レジャーの要素を感じさせる「動物園」ではなく、「自然生態の観察と科学的精神の育成」の趣旨を押し出した「自然文化園」が選ばれたのも、時代を反映してのことでした。

とはいえ戦争が日増しに激しくなる中での明るい話題となり、開園翌週の日曜日には約2万人が訪れ、広々とした「孔雀園」(現・大放飼場)に放し飼いにされたクジャクが大好評だったそうです。

戦後しばらくは動物の補充はありませんでしたが、1954(昭和29)年、待望されたゾウのはな子が上野動物園から移転してきて大歓迎されました。彫刻家の北村西望が長崎市の依頼を受けて「平和祈念像」を制作するアトリエを園内に構えたのは、その前年でした。

戦後復興期そして高度経済成長期を通して、サル山、乗り物コーナー、彫刻園、熱帯鳥温室などの施設が次々と加わり、多くの人々に親しまれてきた自然文化園には、今も昭和の懐かしい雰囲気が漂っています。個性あふれるスタッフの方々が企画しているガイドツアーや体験プログラム、資料館での展示もとっても魅力的ですよ。

上の写真は、開園当時に大人気だったという孔雀園。現在は「大放飼場」と呼ばれ、木立の中に農家風の動物舎が建つ広々とした空間に、ヤクシカとタンチョウが放牧されています。

※月刊『ほっとメーッセージ』は株式会社プロ・アクティブさんが毎月発行している情報誌です。2015年10月号から2016年9月号まで、合同会社いとへんの安田知代が井の頭公園について寄稿した記事を、こちらのブログに掲載しています。

安田 知代

安田 知代合同会社いとへん 共同代表

投稿者の過去記事

長年、フリーの編集者・ライターとして活動後、2012年から仲間とともに合同会社いとへんを運営。著書『井の頭公園*まるごとガイドブック』(2008年ぶんしん出版)、『懐かしの吉祥寺 昭和29・40年』(20011年ぶんしん出版)など。郷土史の小ネタを調べるのが大好き。目下、多摩の山々の歴史を探索中。2015年末に原田病を発症し、ステロイド投薬による免疫力の低い身体と仲良くする方法を模索する日々を過ごしている。

アーカイブ

これまでの仕事

PAGE TOP