歴史散歩|新河岸川の舟運巡り Part2 福岡河岸記念館で見たこと聞いたこと

江戸時代から明治時代にかけて、川越と浅草をつなぐ舟運(しゅううん)が栄えていたことをご存知ですか。
川に船が頻繁に行き来して、たくさんの物が運ばれていたのです。

その拠点となったのが、荷物を乗せたり下ろしたりする「河岸(かし)」です。
川越を起点に、荒川に合流する新倉(和光市)までの約25kmの長さの新河岸川(しんがしがわ)には、「河岸」が23ヶ所ありました。

そこでどんな物が運ばれていたのか、また、川の名前にどんな由来があるのか、そして現在はどんな風景なのかは、「新河岸川の舟運巡り Part1 旭橋から養老橋まで歩く」で見ていただくとして、今回は、「ふじみ野市立福岡河岸記念館」をご案内します。

新河岸川の「河岸」の一つである福岡河岸で営まれていた、船問屋「福田屋」。その建物が改修され、一般公開されている記念館です。

明治時代の建物が、敷地に3棟

「ふじみ野市立福岡河岸記念館」は、新河岸川の養老橋のほど近くにあります。
対岸から見ると、一番高い三角屋根が目印です。

私が訪れたのは、5月。
川も、記念館も、大小さまざまな鯉のぼりに彩られていました。

門を入ると、一瞬にしてタイムトリップ!……瞬時に、ぐっと心を掴まれます。特に、奥にある3階建ての「離れ」の存在感が、際立っています。
対岸から見えたのは、この3階建ての寄せ棟造の屋根だったことが見て取れます。

福田屋は、福岡河岸にあった3軒の船問屋の1つです。
昭和62年(1987)に、ご子孫から土地・建物がふじみ野市に寄付され、平成元年(1988)に建物が市指定文化財になり、修復工事が行われて平成8年(1996)に記念館として開館しました。

建物は、2階建ての「主屋」(明治初期)、3階建ての「離れ」(明治33年頃)、2階建ての「文庫蔵」(明治30年代)の3棟。
明治中期には、現在よりも敷地が広く、複数の土蔵、製茶場、剣術場などを含めて十数棟の建物があったそうです。

「主屋」に見る、船問屋らしさ

まずは、「主屋」を見てみましょう。

入り口を入ると、帳場があります。
荷物を運んできた馬方(うまかた)や船頭たちが大勢出入りし、印半纏を来た番頭さんがそれを迎えたのが、ここです。

帳場机には、大福帳、そろばん、硯箱などが置かれています。
運ばれてきた荷物の種類や量を、番頭さんが大福帳に記入していったそうです。思わず、座って金勘定をしてみたくなりますね。

この帳場の正面にある柱には、上部に留め具が付いています。なんと、取り外し可能なのです。
柱を外し、ガラス扉を全開すれば、帳場の前にドンっ!と荷物の山を運び込んでチェックができたというわけです。

実は、入り口の敷居も、取り外し可能な仕組みになっています。
敷居を外せばバリアフリー。車輪の通りもスムーズに、大八車ごと荷物を中に運び入れることができたのです。船問屋ならではの機能性を備えた細部が、すごいですね。

構造にも、細部にも、見所たくさんの「離れ」

次に、「離れ」を見てみましょう。

この「離れ」は、福田屋十代当主の星野仙蔵が、接客用に明治33年(1900)に建てたといわれます。
星野仙蔵は、衆議院議員や剣道家としても活躍し、地元では、東武東上線の敷設に尽力したことでも知られています。舟運から鉄道へと大きく変わっていく時代を見極め、鉄道の敷設に尽力した船問屋の主人の胸中には、どんな思いが渦巻いていたのでしょうか。

木造3階建てで、埼玉県内でも僅少な文化財。
大正12年(1923)の関東大震災でもびくともしなかったのは、3階までの通し柱が合計6本使われているからだといわれます。

内部の装飾も手が込んでいます。
こちらは1階、4畳半の和室の欄間に施された透し彫り。
可憐です。

上をみれば、天井も優美です。

和室のガラス戸も、郷愁をそそられるデザインです。

そして瀬戸物のトイレ。美しすぎるのと、足の置き場が決められているのに、思わず笑ってしまいました。

2階、3階へと上がると、さらに贅を凝らしているとのことですが、限られた日にしか公開しておらず、この日は見ることができませんでした。残念。

もやもや気になってしまった、雇用環境

この日は、記念館のボランティアガイドさんに案内していただいたのですが、途中で聞きいた話がやけに気になり、もやもやした気持ちになってしまいました。

どんな話かというと……

こちらは、「主屋」の北東につなげて建てられた台所です。

写真はないのですが、廊下から台所に向かう入り口脇に、2階に通じる小さな階段があって、そこを上ると奉公人の部屋になっていたそうです。
男性の奉公人のための部屋で、8畳ほどの広さの畳敷き。

ところが、台所の手前の廊下に、やはり小さな梯子がかかっていて、そちらを上ると女性の奉公人の部屋になっていたそうなのですが、そこは4畳ほどの広さで、板の間、しかも窓なし。

聞くと、胸が痛みます。男女の雇用環境のあからさまな差に。

この「主屋」が建てられたのが明治初期とのことですから、1870年代でしょうか。
それから100年余経った1985年に、男女雇用機会均等法が成立しましたが、その後も職場における男女差別の改善が不十分だということで、1997年に全面改正され、さらに2007年に再改正されてもなお、まだまだその差は歴然としている昨今。

数値で見ると、日本での男女格差は、
・ジェンダーギャップ指数144カ国中114位
・勤労所得の男女比 =10:5
・管理職以上の役職者の男女比 = 10:1
……という現実です。

明治時代の畳敷きと板敷きの差は、多少は埋まったのか?埋まっていないのか?

そんなことに思いが振れて、船問屋ならではの機能性や洒落た細工への感動はどこへやら。
裏庭から台所棟を眺めては、気持ちがもやもやするのでした。

昔の木づかい、また学びに来たい!

とはいえ、「主屋」を出て、塀の内側に保管されている帆柱をあらためて見ると、かつての木づかいの精巧さが伝わってきて、再びタイムトリップのわくわく感に誘われます。

昔の技も、昔の男女差別も、歴史から学ぶことが大切ですよね!

こちらが、その帆柱。長さは9.5メートル。
船の中央に立てられ、てっぺんに付いた滑車で帆綱を引き、帆を引き上げる仕組みになっていたそうです。

先っぽの滑車。これも、木でできています!
なんでも木で作ってしまえた昔の人、すごいですよね。

いつか、「離れ」の2階と3階にも、訪れてみたいと思います♪
古い日本建築は、自然と共存する知恵が学べるところが、私にとっては魅力なのです。

 

安田 知代

安田 知代合同会社いとへん 共同代表

投稿者の過去記事

長年、フリーの編集者・ライターとして活動後、2012年から仲間とともに合同会社いとへんを運営。著書『井の頭公園*まるごとガイドブック』(2008年ぶんしん出版)、『懐かしの吉祥寺 昭和29・40年』(20011年ぶんしん出版)など。郷土史の小ネタを調べるのが大好き。目下、多摩の山々の歴史を探索中。2015年末に原田病を発症し、ステロイド投薬による免疫力の低い身体と仲良くする方法を模索する日々を過ごしている。

アーカイブ

これまでの仕事

PAGE TOP