「豚汁に生姜?」から、我流を疑ってみる

先日、5人の女性が集う編集会議で、お昼ご飯を食べながら雑談をしていた。

Nさんが言う。
「このあいだ料理のページの担当ライターさんが『豚汁には生姜が必須』って原稿に書いてきたの。うちでは生姜入れないから、びっくりしちゃってね。で、会う人会う人10人くらいに聞いてみたら、なんと半々! また驚いちゃった」

それを聞いて、Sさんが言う。
「このあいだ、スポンジに石鹸をつけるシーンをイラストレーターさんに描いてもらったら、石鹸を左手に持って、右手でスポンジをこする絵だったのよ。私は逆で、スポンジを左手に持って右手で石鹸をこするから、えーって思っちゃった」

Sさんが左手と右手を動かす仕草を見て、他4人も虚空を見つめながら我が習慣をなぞる。
「私は石鹸動かすわ」
「私はスポンジだわ」
……居合わせた人のあいだでも、いろいろだ。

そういえば私も昔、とある講座で「目玉焼きの味付け」について挙手する場面で、「絶対、塩でしょ」と元気に手を挙げたところすごく少数派で、多数派が醤油だったことに唖然としたことがある。

そんな話をしたところ、Kさんが言う。
「私の友達で、卵ご飯をつくるのにお茶碗に卵を先に入れた彼を見て、婚約までしていたのに別れたって人がいたなぁ。でもあれはきっと、それが原因というより、他にいっぱい溜まったものがあってのことだったんだろうなぁ」

好み、こだわり、マイスタイル……いろんな呼び方があるが、自分が習慣としたり好んだりしていることは無数にある。
そして他の人が自分と違うやり方をしていると、つい違和感を覚えるのが人の常だ。
だけど、どっちがいいとか悪いとか、正しいとか間違っているとか、レッテル貼りをしていると視野が狭くなってしまう。
多様さを「へー、面白い!」と受けとめて、いろんなやり方を試したり、そこを起点に考えを深めたりすることこそ興味深い。

ましてや、広く人の目にとまる制作物を編集するときはなおさらだ。
むしろ「こうじゃなきゃ」と思いこんでいる我流を疑い、いろんな人に聞いたりデータを調べたりして「思い込み」を外し、やわらかに視野を広めて編集するのが肝要だと、あらためて心に留めた昼休みのひとときだった。

安田 知代

安田 知代合同会社いとへん 共同代表

投稿者の過去記事

長年、フリーの編集者・ライターとして活動後、2012年から仲間とともに合同会社いとへんを運営。著書『井の頭公園*まるごとガイドブック』(2008年ぶんしん出版)、『懐かしの吉祥寺 昭和29・40年』(20011年ぶんしん出版)など。郷土史の小ネタを調べるのが大好き。目下、多摩の山々の歴史を探索中。2015年末に原田病を発症し、ステロイド投薬による免疫力の低い身体と仲良くする方法を模索する日々を過ごしている。

アーカイブ

これまでの仕事

PAGE TOP