編集制作事例|Webマガジン「みたか座」インタビュー記事④

管理・運営:みたか地域SNS運営委員会
インタビュー・執筆:小田原澪(合同会社いとへん)

Webマガジン「みたか座」で小田原が担当した4本目のインタビュー記事です。井の頭公園のすぐ近く、玉川上水の遊歩道沿いに、さをり織りのアトリエ「手織工房じょうた」を構える、城達也さんからお話をうかがいました。

さをり織りは感性に従って織る、とても自由な織物です。どこから糸を変えるのか、どんな色や太さの糸にするのか、織り進めながら感性で決めていきます。城さんも、まさにさをり織りのように、とても柔軟で自由な雰囲気をまとっている方でした。

城さんの人生観を変えたさをり織り。お話をうかがうほどに、わたしも織ってみたくなりました。

記事:どこまでも自由に、感性に委ねて織る。人生観を変えた「さをり織り」とは。

小田原澪

小田原澪合同会社いとへん 共同代表

投稿者の過去記事

文化財保護や市史編纂事業に携わった後、新聞記者として6年間、東京・多摩地域を歩く。2012年から仲間とともに合同会社いとへんを運営。多摩地域の歴史・文化、仏像、小ぎれい料理が大好物。2016年2月に八重山民謡の教室に入門し、三線と唄の練習が日課。

アーカイブ

これまでの仕事

PAGE TOP